Powered by Six Apart

ちょぴっとツアー

フレンチ Feed

2011年9月 2日 (金)

Bshop CANTEEN[神戸市中央区]

Bshop1 【Bshop CANTEEN】

神戸市中央区浪花町59

神戸朝日ビル2階

078-391-0727

お昼12時~午後9時

木曜定休

chick

chick

chick

chick

Bshop2 朝日ビルの「Bshop」のちょうど2階部分に系列のカフェレストランがオープン。

白を基調にした明るく清潔感のある内装が印象的。

料理に使われるハーブは久美浜で育てた安全なものにこだわっておられるよう。

Bshop4

チキンのハーブロースト」1800円

スープ、パン、メイン料理。(メインは他にハンバーグやお魚もあり)

この日、スープはカボチャだったの。滑らかでこっくり絡む感じで美味しかったconfident

チキンはもも肉で結構な大きさ!じゃがいものローストもたっぷり添えられてたわ。

お好みでお塩をつけながら。シンプルながら、ジューシーで香り豊かなお肉に満足。

Bshop3鰯のペペロンチーノ」1200円

ゴロリと鰯の身が4つ入っていたので2匹分

ということでしょうか。鰯の存在感もがっつり

あるんだけど、同時にハーブの存在感がすごい!

セロリとディルとフェンネルシード(ディルシード?)が一口目を支配thunder

ぅわっと思いながら食べてると、だんだんクセになってきたhappy02ウーたまらん

パスタでこういう味は初めてだったわーheart02

だけどハーブが苦手な方には食べきれないかも・・・

chick

美味しくいただいたお料理だけど、お値段からするとちょぴっと割高感。

パスタ一皿に1200円出すならせめてパンかサラダかドリンクくらいは付いてても

いいんじゃないかと思うところ・・・。どうかしら。ねぇ。

2011年5月21日 (土)

Recette【神戸市中央区】

Recette1 Recette(ルセット)

神戸市中央区山本通2-2-13

シルクハイツⅡB1F

078-221-0211

ランチ:午前11時半~2時

ディナー:午後5時半~9時

月曜定休

Recette2 一度、訪れたのは・・・もう随分前の話。その時からこのお店はすごくイイ!って記憶に残ってたんだ。

お隣の「recepe」さんには何度かお邪魔したことはあったんだけど。

今回お邪魔して、やっぱりココは素敵だと再確認したよ。

お店の前にはかわいいワンちゃんがいるんだ。

ところが、「招き犬」ならぬ、番犬。お客さんに対してかなり吠えますcoldsweats01

すでに、「いつ吠えたろかー」  ってお顔しておられる

お客さんが来たことを、お店の人に教えているんだね、きっと・・・(そう思うことにしよう)

お客さんが近づいてくると、自分の小屋に入るので、噛みついたりはしない

それは置いといて。

ランチにお邪魔してきたんだ。

3000円、4700円、8925円、10500円。ボクは3000円の「A.saison」コースで。

アミューズ、オードブル、魚料理or肉料理、デザートorチーズ、コーヒーor紅茶

Recette3 

アミューズ「海老のカダイフ巻き

オードブル「盛り合わせ

カダイフという麺状の衣を海老に絡ませて揚げておられるそう。サクサクで香ばしいdelicious

下にはアメリケーヌソースが敷かれていたよ。

オードブルのワンプレートは、どこまでを一品と数えていいのか分からないけれど

だいたい6,7種ほどのお料理が美しく配置されていて、目でも楽しい一皿。

ムースやエスカベッシュ、テリーヌなど。味も食感も食材も飽きさせないんだねconfident

Recette4 Recette5

メインは6,7つほどの選択肢から1つ。

左側は「イベリコ豚のグリエ」、右側は「牛ほほ肉のラグー

イベリコ豚はしっかりとしていて(硬いという意味ではない)、噛むごとにベーコンの

ような滲み出る深い味わいがあったよdelicious

牛ほほ肉は、ナイフがいらないんじゃないかと思うくらいに繊維がホロホロで。

口に入れた瞬間、思わず顔がほころんでしまうよーconfident

どちらを選んでも間違いなし。他の選択肢でもきっとそうだろうな。

Recette6

お口直しの「シークヮーサーのジュレ

お口さっぱり。気持ちは別腹モードに切り替え!

デザート「ミロワール・オー・ショコラ

濃ゆい!舌に絡みつくような濃厚なチョコムースhappy02たまりません

コーヒーと小菓子

Recette7

こちらのデザートは「ヌガーグラッセ」。

ナッツやドライフルーツが入ったアイスのようなもの。ナッツ好きな方にオススメcatface

chick

一番お安い3000円のランチでこの素晴らしさ。さりげない笑顔でサービスもスマート。

吠えるのはわんこだけcoldsweats01行きも帰りも吠えられる

自家製パンもすごく美味しいよ。

誰かをお連れするときなどのお店選びには絶対喜ばれると思うんだー。

ちなみに、ディナーは6825円~。

2010年11月26日 (金)

Tontou[神戸市中央区]

Tontou1 Tontou(トント)

神戸市中央区加納町2-3-13

078-252-1166

ランチ:午前11時半~午後3時

           (午後2時L.O.)

ディナー:午後6時~午後10時半

          (午後9時半L.O.)

chick

chick

Tontou2

洋食屋さんやカフェがぽつぽつと並ぶ通りに素敵なレストラン。

しっとり落ち着いたお店構えだけどお店の方は気さくな感じであまりかしこまった雰囲気ではないから安心してね。

chick

ランチは 1470円、2800円、4800円。

今回は2800円のコースBをいただいてきたよ。

一口前菜の盛り合わせ・おすすめの前菜・ポタージュ・魚料理or肉料理・パン

・デザート・コーヒーor紅茶。

Tontou3一口前菜の盛り合わせ

とてもバラエティに富んでいて、焼き物、ペースト、燻製、ピクルス等々。これは食べてて楽しい一皿happy01

Tontou4

Tontou10おすすめの前菜

←こんもり乗ってる野菜をかき分けてみると、こんなに

たくさんの魚介が!タコ、ハマチ、帆立貝柱、サーモン、くらげ。

一口前菜の盛り合わせもしっかりと量があったのにここでもまた

こんなにたっぷり出てくるなんてhappy02

ポタージュ」にはベーコンの浮きみ、パンはパリッと軽い感じ。

Tontou8メインは3品からひとつ

選択。

こちらは「牛ほほ肉の煮込み

ごろごろと4切れほどの柔らかいお肉lovely

メインに辿り着く前にたっぷりな前菜と、ついつい食べてしまった2つのパンで

結構おなかいっぱいだったけど・・・食べたねコレcoldsweats01美味しくて

Tontou9 こちらはお魚料理を選択。

マナガツオのソテー

ほんのりカレーの香りがするリゾットがマナガツオの下に。

身は薄いんだけど大きさはしっかり。

淡白なお魚に香りのいいリゾットのバランスがとてもよくて美味しかったなcatface

Tontou11

デザートは5種ほどから1つ選択。

左は「ガトーショコラ」、右は「レアチーズ・・・なんとか」←忘れてしまったsweat01

Tontou7_2 とにかくお腹いっぱい、大満足。

残すお客さんが結構いるのかどうなのか、

お店の方に「キレイに食べていただいてconfident

と2回くらい言われたんだ。ほんと、お皿に

何も残ってないくらいきれいにたいらげたからねcoldsweats01

2010年11月24日 (水)

Muög OT[神戸市中央区]

Muogot1 Muög OT(モゴット)

神戸市中央区中山手通1-24-14

ペンシルビル2F

078-221-0680

ランチ(土日のみ):午前11時半

             ~午後2時半

ディナー・バー: ~午前2時

不定休

chick

Muogot2

エレベーターでビルを上ると、左右に矢印がeye

左側にカウンター、右側にテーブル席。で、右側を開けてみると個室のような感じに

なってて、荷物が置かれたりしていたので「ここではないな」という感じでカウンターの

方へ。(人数が多かったり、予約を入れたりすると使うのかしら?)

調理はカウンターではなく、別のキッチンで作られているようで、シェフがいちいち

運んできて、カウンターの女性が受け取ってその場で盛りつける という感じ。

(メイン料理はさすがに出来上がって持ってこられてたけど)

chick

モゴットランチ(1400円)をお願いしたわ。

Muogot3_2 内容は、前菜・サラダ・魚or肉料理、デザート。

この日は前菜「紅ズワイガニとズッキーニのスパニッシュオムレツ」、

サラダ「牡蠣のエスカルゴバターソテーと旬野菜サラダ

このサラダはとても手が込んでいて、生野菜・ボイル野菜・ピクルスがバランスよく

盛られ、さらにガーリックの香りが効いた牡蠣が3つ。美味しかったぁdelicious

一番右側のパンは自家製フォカッチャ。

Muogot4 メインのお料理はお肉か魚を選択。

左:肉「仔牛の赤ワイン煮込み

直径15センチほどの小さなストウブに入れ

られたアツアツなお肉ときのこ。

じっくりと煮込まれていてホロホロなお肉happy02

右:魚「ホウボウと蛤のスープ仕立て

あっさりとしたスープに魚介の旨味。

お肉料理も魚料理も、スープまで美味しかったので、フォカッチャをもう一切れ

欲しかったところcoldsweats01吸わせたい

Muogot5 デザート「ガトーショコラ」。

ほんのり温かいガトーショコラと栗のアイス。

コーヒーはモゴットランチにはついてないので、必要な方は

別料金でpaper

手間のかかったお料理をしっかりと食べさせてくれる

素敵なお店だったわwink

Muogot6_2 1400円のモゴットランチの他は、2800円(一人分料金)

のモゴットペアランチもあり。

←クリックで拡大できます

2010年10月22日 (金)

Pacha[ポートアイランド]

Pacha1 Pacha (パチャ)

神戸市中央区神戸空港8番2号

ラヴィマーナ神戸内

078-306-1515

平日:午前11時半~午後9時

土日祝:午前11時~午後9時

第二・四火曜定休

三宮からシャトルバスあり

chick

Pacha2

お店のHPを見ていただくとよく分かると思うんだけど、南国のリゾート地のように

目の前に砂浜が広がって開放感と清々しさを満喫できるロケーションなんだ。

リゾートウェディングができる会場に併設されたカフェということで期待も高まる♪

ランチは「ポルファボル」1700円、「パチャプレート」2000円、ランチコースは

2800円~となっているよ。ボクは一番人気という「パチャプレート」で。

内容は、本日のスープ・サラダ・ヌードル、ワンプレート6種、デザート、ドリンク。

Pacha3

この日のスープ・サラダ・ヌードルは、エスカベッシュサラダ・かぼちゃスープ・

ジャージャー麺。(じ、ジャージャー麺?coldsweats02)

なんだか不思議な組み合わせだと思いつつも、アジアンリゾートな雰囲気なので

中華が出てもおかしくないかと自分を説得。

だけど、ジャージャー麺が出てきて唖然、麺が春雨。量はほんとに少量、2口程度で

食べ終わるくらい。肉みそは味が濃いのに水っぽい(春雨の水切りがちゃんとできて

ないんじゃないか?)。かぼちゃスープは滑らかで濃厚で美味しかったcoldsweats01これ救い

Pacha4

ワンプレートに6種のメイン。+薄切りバゲット。

プレートの内容は、牛ロース、鴨のカレー風味、ポークスペアリブ、サーモンコンフィ、

カツオパン粉焼き、エビグリル。

メニューを文字で見たときはゴージャスでいろいろ食べれられて嬉しい!って思った

けど、実際出てくるとなんか寂しい。。。sweat02

正直、味も寂しかった。というかなんでこんな大ざっぱな味なんだろう。

特にカツオはパサパサでどうしたものかと思うくらい・・・

もひとつ言いたいことは、大きなプレートに3枚のガラスプレートが並んでいて見た目

美しくていいのだけど、ナイフとフォークでお肉を切っていると隣り合ったお皿が

カチャカチャと音を立ててスマートに食べることができなかった。スッとナイフが入る

柔らかいお肉ならよかったのだけどね・・・

デザートはなんだったっけな。半解凍のムースのような感じ。下に黄桃が挟んであった。

これはさすがに缶詰ではなくフレッシュな黄桃だったcoldsweats01

あとはコーヒー。

Pacha5 かなり辛口なことを書いてきちゃったけど期待

が大きかっただけにちょぴっと残念な気持ちに

なったのは事実。2000円でこれだけの種類を

用意されれば充分だと思う方もいらっしゃるかと

思います。でも、結婚式場がプロデュースして

いるならお料理はまず一番のアピールの場だと思うわけで。

もしかして、この日は特別アウトだっただけかもしれないし、上のコース料理は

丁寧な仕事をされているかもしれません。

いいこと書けなくてごめんなさいdespair

2010年9月11日 (土)

Le Petit Cadeau[芦屋市]

Cadeau1 Le Petit Cadeau

   (ル・プティ・キャドー)

芦屋市茶屋之町5-12

スタァリィアイ芦屋2F

0797-35-0262

ランチ:お昼12時~午後3時

ディナー:午後6時~午後10時

月曜・第三火曜定休

chick

Cadeau2

今年の4月にオープンしたまだ新しいお店。

オープンキッチンでシェフがてきぱきと手際良く仕事されている姿がよく見える。

接客のほうはとても慣れた感じの方。スムーズな流れがあるね。

ランチは、1800円、2300円、3500円。

ディナーは、4500円、5800円。

今回は2300円のランチをいただいてきたよ。

Cadeau3

お口始め、オードブル、パスタ、メイン(魚or肉)、デザート、小菓子、ドリンク。

お口始め「コンソメロワイヤル

ヴィシソワーズにコンソメのジュレが入ってるよ。スティック状のパイも軽くて美味しいcatface

オードブル「チキンとナスのテリーヌ」(そんな感じの名前sweat01)

とろりととろけるナスと柔らかいチキン、バルサミコのソースも良く合う~♪

パスタ「トマトソースのパスタ」(そんな感じではなかったsweat02)

白身魚の身をほぐしたものが使われていたのだけど、何の魚だったっけなぁ・・・

トマトのソースはとてもあっさりとしていて、オイルっぽさもあまりなく。美味しいcatface

Cadeau4

左は魚料理を選択の場合。この日は「太刀魚のソテー」だったよ。

太刀魚をくるくると巻いた状態。添えてある野菜やエビのすり流し、とうもろこしの

ガレットなど手間のかかった一皿。

真ん中はお肉料理を選択の場合。この日は「うかじ豚の煮込みソテー

脂身のとろり具合とお肉の柔らかさはお箸でも切れそうなくらい。

甘酸っぱいプルーンも良いアクセントになってるdelicious

右はデザート。なんと10種類も盛られているよhappy02

一口ずつしかないけどこれだけいろいろ楽しめるのはすごく嬉しい!

Cadeau5ドリンクはコーヒーか

紅茶。ホットのみ。

小菓子にゴマのキャラメル。

食べ終えて一呼吸

ついたところで日本茶のサービス。こういうところが好感度アップだよね!

帰りにはお土産としてクッキー2枚入ったものをいただいたんだ。

お客さんに対するサービス精神と細かい心遣いが行き届いてる confident

お料理はどれも上品な味付け。パンチを効かすよりも無難にまとめあげている感じ。

一皿はそんなにボリュームがないものの、食べ終えたときには満足感があるんだよね。

どれをとってもひと手間を惜しんでない感じ。美味しかったwink

予約は是非とも入れてからをオススメするよ!

2010年7月20日 (火)

Bistro de Yoshimoto[大阪市北区]

Yoshimoto1Bistro de Yoshimoto

大阪市北区中津1-5-3

06-6377-5513

ランチ:午前11時半~午後2時

ディナー:午後5時半~午後9時半

月曜定休

(祝日の場合は翌日振替)

chick

chick

Yoshimoto2

地下鉄の中津駅からなら1分ほど、梅田・大阪駅からも歩いて10分以内(あたし、ちょぴっと時間のロス・・・迷わなければも少し早いですsweat01)。

ビストロだけどちゃんとお箸も用意してくれてて、お店の方も丁寧な対応でいい感じ。

ランチは平日2625円、3675円、土日祝は3150円。

今回は2625円のランチをいただいてきたの。

前菜(選択)、魚料理、肉料理(選択)、パン、デザート、ドリンク。

Yoshimoto3

前菜は2種からひとつ。「完熟トマトのファルス ズワイガニのサラダ」を選んだの。

いろいろなお野菜の下には完熟トマトとズワイガニのカニ身がcatface

魚料理は共通で「カマスのポワレ」。パリッと薄い皮は香ばしく♪

肉料理は3種からひとつ。「仔牛のソテー オルロフ仕立て

マッシュルームのソースを絡めて。お肉は柔らかくて美味しかったわdelicious

Yoshimoto4

こちらの前菜は「甘エビのブラマンジェ 帆立貝柱を浮かべて」。

スープ仕立てになった冷製のポタージュ(?)は口あたりがサラリとしてる。ブラマンジェにはコンソメジュレ、帆立貝柱が添えられて(浮かんで)いたわ。

魚料理は「本日のお魚料理」ということで、共通して「カマスのポワレ」。

肉料理は「赤木豚ロースの香草パン粉焼き」を選んだの。

サクッと噛みきれる豚肉で、ハーブの香りも良くとっても美味しかったわwink

ちなみに、選ばなかったもう1種のお肉料理は「大山地鶏のコンフィ」でした。

Yoshimoto5

自家製デザートの盛り合わせ と ドリンク

とても暑い日だったからアイスコーヒーでお願いしようと思ったけど、アイスは出来ない

って言われちゃったsweat01

デザートは3種盛り。チーズケーキとスイカアイスが乗ったムース、パインのジェラート。

お皿に飾られたソースがサクランボになっててとってもカワイイわねhappy01

chick

安いほうのコース(2625円)でも手の込んだフルコースがいただけてお腹いっぱい♪

お料理のタイミング、お水の追加、お店を出るところまでシェフが見送ってくださったこと、いろいろなところで満足のいくお店だったわ~catface

お料理は定期的に入れ替わるようなので、何度も行く楽しみがあるわね♪

2010年6月 1日 (火)

MONTEE

Montee1 【MONTEE】

神戸市中央区山本通5-4-12

078-361-7311

ランチ:お昼12時~午後2時

ディナー:午後6時~午後9時

月曜定休

chick

元町駅をずんずん北へ・・・相楽園を通り越したところにあるステキなフランス料理

のお店。

今回はディナーに伺ってきました。

コースは6000円、8000円、12000円(←2日前から要予約)になっています。

6000円のコースなら、アミューズ、前菜、主菜、デザートという構成になっていますが、

8000円のコースは、アミューズ、前菜1、前菜2(主菜の魚料理でもOK)、主菜、

デザートになります。より多くのお料理を楽しみたくて今回は8000円のコースでpaper

Montee2

グラスシャンパンは1400円、グラスワインは900円~という感じでした。

最初に「チーズのガレット」が出てきました。ふわっとしているのにチーズが濃厚で

とっても美味しいひとくちでしたconfident

Montee4 アミューズは

エビとアボカドのグレープフルーツチャツネ添え

両横にある泡もグレープフルーツから出来ているんですって。素材はそんなに変わったものでもないのにこんな魅せる一皿になるなんて。

ここからの前菜は、各自2種つづを選んでいます。それぞれがバラバラに選んでいるので4種ご紹介します。

Montee5_2 前菜「ホタテ貝柱のグリル キノアとマンゴと小さなセレアル添え

キノアとは、南米原産の穀物で、とても小さくてクスクスのような見た目と食感がありました。でもクスクスよりは弾力があり少し大きかったです。軽く焙った貝柱はもっちりしてて美味しかったですよーhappy01

Montee6 前菜「カリフラワーのリゾット仕立て モリーユのソース

残っている食感はカリフラワーです。と仰っておられました。お聞きすると、カリフラワーの花の部分だけを削ぎ取ってシャキシャキとした食感を出しているそうです。リゾットなのにお米がない?でも香りがするんです。

どうやらお米は固形としては残っておらず、とろみに溶け込ませているそうで。

モリーユとは、アミガサ茸のこと。刻んだチョリソーもスパイス役としていい感じで存在していましたwink

Montee7 前菜「フォアグラのミルフィーユ パンデピスとレモンのコンフィ バニュルスのシロップ

久しぶりに食べたフォアグラに心躍るhappy02やっぱり好き♪

バニュルスのシロップとはどんなものかと思いましたが、甘口赤ワインのひとつだそうで、少し舐めてみた瞬間、バルサミコのような甘酸っぱさと香りを感じました。合う!←この一言で締めるcoldsweats01

Montee8 先にも書きましたが、前菜として主菜の魚料理も選ぶことができます。なので今回は前菜として取り上げさせていただきます。

前菜「真鯛のポワレ アーティチョークのバリグール

とてもシンプルでそのままの味を楽しんでくださいと言わんばかりにソースもサラリと軽いものです。でもしっかりと美味しいcatface

そしてここからやっとメインのお肉料理~paper各自1種ずつ選択

Montee3_2お肉料理のナイフは好きな色を選ばせてくださいました。私はブルー系が好きなので真っ先に青を確保ですbleah

chick

chick

Montee9主菜「スパイスを詰めた子鳩 やわらかなポレンタ添え

子鳩って初めてだったかな?記憶にありませんcoldsweats01

鴨のような赤い身で、キュッと締まった食感です。固くはありません。色んな部位があってそれぞれに違った味わいがありますdelicious味は鳥というか鳥っぽくないというか・・・そんな印象でした。いつもながら貧相な言葉ですみません。でも美味しかったwink

Montee10 主菜「ビゴール豚のグリエ 甘草のソース うすい豆添え

へぇー、これが豚?っていうくらい、子羊のようなやさしいピンク色のレア感で、脂の部分を口にしてやっとしっかり豚であることを認識するような感じでした。ミルクの泡も添えられていましたが、画像ではつぶれてしまっていますねcoldsweats01

これも美味しかったですーhappy01

Montee11

デザートは3種とチーズの4選択肢からひとつ。

左「ガトーリュス ピスタチオのクリーム ヴァニラアイス添え

メレンゲに、マジパンのようなしっかりしたピスタチオのクリームがサンドされています。

右「チョコレートのパルフェ エスプレッソのソース

パリパリとしたチョコのコーティングに生チョコのように濃厚で絡みつくチョコのムース(ムース?)と苦みのあるエスプレッソソース。全体的にビターで大人なデザート。

Montee12_2

最後の飲み物の時に出てきた小菓子。締めくくりまでしっかりと楽しませてくれました。

フランス料理のフルコースをいただくと、食べきるのにしんどかったり敗北感を味わったりしたことありませんか?coldsweats01

ここでいただいたお料理はそういう感じは全くなく、胃と脳がいい具合に刺激されて、次のお料理が楽しみだったり最後までしっかりと味わえたりと、終始満足感がありました。

どのお料理もソースの味は控え目で、素材の味をごまかさずにそのまま楽しんでもらおうというシェフの思いがあるような気がしました。

とまぁ、なんやかんやと書きましたが、ここ美味しいですhappy02

内装はなんの飾り気もなくシンプル。BGMは聞こえるか聞こえないくらいかの遠~い感じですconfident

駅からの坂を上っていく甲斐があります。ランチにも是非足を運びたいと思いますっrock

2010年5月21日 (金)

La Resonance

Resonance1 La Resonance

(ラ・レゾナンス)

神戸市中央区中山手通3-2-2

トア山手ウィング棟1F

078-381-6070

ランチ:お昼12時~午後3時

ディナー:午後6時~午前0時

火曜定休

Resonance2

ホテルトアロードのちょうど裏側あたり。最近新しく開発されて色んなお店がじわじわと

集まってきている場所に、ステキなフランス料理のお店がオープン(3月末)happy02

カウンターが10席、テーブルが8席。そんなに広くなはないのだけどそれぞれの空間が

保たれていて、落ち着きのある店内。接客の印象も良く、こちらの動きをよく把握して

おられるのに、見られていることを感じさせないところがいいなconfident

ランチは2900円。前菜1、前菜2、魚or肉料理、デザート、ドリンク。

魚とお肉両方のフルコースにする場合は4300円。今回は2900円のほうで。

Resonance3

前菜1「ハモンイベリコとグレック野菜

ぐっと旨みの詰まったハム♪ 

フリットされた野菜は少し苦みのある春野菜(だったと思う)。サクサクcatface

添えられたドライトマトも甘酸っぱくていいアクセントに。

アツアツの自家製パンもとっても美味しいhappy02

Resonance4_2前菜2「イクラと帆立のサーモンマリネ包み

ナイフを入れて中身を見ると、ごろごろと

イクラ&帆立がnote

クリームチーズで和えられていて、まろやかで爽やかな一品だったよー!(ここですでにパン2個目)

Resonance5魚料理(選択)「まとう鯛のポワレ

身はふっくら、皮は香ばしくwink

トマトのソースがキリッとしていて淡白なお魚にピッタリだった♪

お料理としてはそんなにインパクトはなかったけれど。

Resonance6 肉料理(選択)「ほろほろ鳥の軽い煮込み

これで軽い煮込み?身が柔らかくてほろほろhappy02

(ほろほろ鳥だけに・・・なんて野暮なことを言いたくなってもお口チャック!)

クリーム系のソースだけどあっさりしていてとっても美味しかったhappy01

Resonance7デザート「ココナッツ風味のブランマンジェ」

運ばれてくる様子からもうぷるんぷるんで、苺アイスが落っこちるんじゃないかと思っちゃった coldsweats01

味はもちろん美味満足catface

コーヒーもしっかりと深みがあり、最後まで美味しいものを楽しませてくれたんだ。

あと、器も盛り付けも素敵なので、そのあたりも目で楽しめるのがいいねgood

お店の外まで見送ってくださり、お腹も心も満たされたランチタイムだったよ。

今度は夜もおじゃましてみたいなぁ~happy01

2010年5月 7日 (金)

orfeu

Orfeu1orfeu(オルフェ)

神戸市中央区播磨町45番地

The 45th 10F

078-334-7622

ランチ:午前11時半~午後2時半

ディナー:午後5時半~午後9時半

chick

chick

chick

chick

久しぶりに訪れたオルフェ。

確かここは間違いなかったなーと思って。うん、やっぱりすごく良かったhappy01

Orfeu2

ランチは2800円、4500円、7000円。今回は2800円のコースで。

前菜、メイン、デザート、ドリンク。それぞれ数品から選ぶプリフィックス式。

席に着いた時点でサーブされてた「アンチョビとチーズのチップス」。

パリパリと齧りながらお腹の準備smile

コースメニューの前にお店からのアミューズが付くんだ。

パプリカのムース コンソメジュレ添え

ほわほわのとろける口どけでスッと馴染んで消えていく儚くも美味しい一皿♪

Orfeu3

前菜は3種の中から1つ選択。

左側「瞬間スモークした自家製マリネサーモンの厚切りとお野菜のマリネ~ヴァニラの香るかぼちゃのソースで

お料理の説明がそのまま料理名になったような一皿。もっちりしっとりとした食感のサーモン。お野菜も焙ってあったりマリネしてあったりフレッシュだったりと手間のかかったもの。前菜から満たされた気分ーcatface

右側「オルフェスペシャル~魚介類と新野菜のサラダコンポジション2010春

トロトロの半熟たまごを絡めながらいただくサラダ。魚介類は白身魚やエビ、貝等。

香りのある野菜との相性もいい感じだったwink

Orfeu4_2 メインは3種から1つ選択。

左側「丹波鶏もものロティ

とても柔らかくホロリと崩れる鶏肉。爽やかな柑橘の香りがするソースとのバランスもとっても良かったhappy01

中央「沖縄県産まーさん豚ばら肉煮込みソテー

厚みのある脂身がこれまたジューシーで美味しいdelicious

甘みのある春キャベツや玉ねぎと、ピリっとスパイシーなイベリコチョリソーのソースと一緒に食べると美味しさもアップ~happy02

Orfeu5

デザートは4種の中から一つ選択。

の前に、小菓子も運ばれてくるんだ。このフィナンシェとガトーショコラ(?)も美味!

中央右「ヌガーグラッセ~オレンジのグラニテとキャラメルのアイスと共に

ヌガーグラッセが選択肢にあると必ず選んで食べてるボク。このヌガーグラッセは三本の指に入る美味しさだったーcrying

ドライフルーツやナッツがごろごろ!これは個人の好みにもよるかもしれないけどボクは是非オススメしたいなぁ。

右側「チョコレートムースと日向夏のミルフィーユ仕立て~バニラアイスを添えて

滑らかなチョコムースと甘酸っぱい日向夏、サクサクパイ、全部のっけて食べたいdelicious

ヌガーグラッセがボクの「どストライク」だったため、このデザートの印象が薄いんだけどsweat01

美味しいはずなのに、レポートも薄くてごめんなさい。

Orfeu6 季節感のあるお料理と手間の込んだ調理。

運ばれてくる間隔もスムーズだし(時間や日によるかもしれないけど)気持ちよく過ごすことができるお店。

特別な日に選ぶレストランとしてもきっと失敗しないと思う。

(お料理メニューはHPでチェックしてみてね)

是非予約してから足を運ぶことをオススメするよpaper